FC2ブログ

原子力推進者

いやぁ~、なんかすごいブログを発見してしまいました。

金融日記

すごいの何の。これほどイカレタ人は久々に見ましたよ。

原子力以外の発電方式でも、事故は起こり犠牲者は発生する。飛行機と自動車を例にとって、事故が起こったら致命的だがめったに事故が起こらない飛行機はガンガン使われているじゃないか…という論法で原子力バンザイと唱えてます。

すごいですね。確かに太陽熱でも風力でも事故はあるでしょう。火力だって石炭を掘り出すのに結構な確率で犠牲者が出るかもしれません。しかしですね、ウランを掘り出すのに事故は起きないんでしょうか?ウラン鉱山は大抵ラドンが気体で溜まってます。吸い込むと高確率で肺がんになります。そもそもウランの吸入限度は作業員で280ミリグラム、一般人で14ミリグラムです。これ、1年の値ですよ。これほど厳しい条件で作業して他の方式より被害が少ないとでも?
濃縮後の劣化ウランも危険な物質です。先の吸入量はウラン238いわゆる燃えないウランの物なので劣化ウランはほとんどウラン238です。こいつをアメリカ1国で17,588トンも保有してます。フランス、カナダも10000トンを超えてます。しかもこれ使い道が無いんですよ。劣化ウラン弾くらいなもんですが、戦争をやり続けてるアメリカでも70トンくらいしか使ってません。ようするちっとも減ってないんです。

飛行機が落ちたら確かに数百人がいっぺんに死にます。しかし原子炉が事故を起こすと、近辺数十キロから数百キロ四方に誰も住めなくなり、地球全体を汚染します。これはめったに起こらないからと入って無視していいレベルの問題でしょうか?
チェルノブイリで放出された放射性物質は風に乗って地球を何周もしたことが計測から分かっています。25年も経った現在も近辺に居住することはできません。というか石棺が劣化してきたので張り替える必要があると言われてます。

フクシマの牛肉から暫定規制値の3~6倍のセシウムが検出されました。牛乳も汚染されてました。静岡のお茶はフランスでセシウムを検出されるという国際的な恥晒しをやって日本の信用を地に落としました。フクシマの子供の検査を行ったら全員の尿からセシウムが検出されました、この量が少ないから直ちに問題はないという報道されましたが、LNT仮説をとるなら、十分大問題です。
これが、「めったに起こらないから大丈夫」なのでしょうか?

さらに、日本の電力の30%を担う原子炉の出す核燃料廃棄物なんて年間1000トンしか無いんだから、他のゴミに比べると全然問題ない量だとすごいことを言ってます。
申し訳ありませんが、普通のゴミは1トン処理するのに2億円もかかりません。ちなみに国内施設で処理すると1トンあたり4億円かかるらしいですが。また、14mg肺に吸い込んだくらいで癌になったりしません。確かに現在の我々の生活で創りだされる膨大なゴミは大問題ですが、核のゴミ、いわゆる死の灰は桁が違います。ヒロシマでは、800gのウランが反応して出てきたエネルギーと死の灰で12万人近くが即死し、数十万人が後遺症に苦しんでいるんですが、それが毎年50000発分です。これを安全と言えるとは、どれくらいおめでたく洗脳したら可能なのでしょうか?頭蓋にカスタードクリームでも詰まってるんですかね。
海外の偉い先生が放射性廃棄物くらい自分家に保管してやると言ったという発言を引用してますが、そんなに安全だというのなら、福島の汚染水をタンクローリーに積んで藤沢さんの家に運んで容量10万トンの池を作るなり風呂に使うなりすればいいのに。ついでに使用中および使用済み燃料棒も引きとってくれると大変助かります。ぜひメルトダウンした核燃料も引っ張り出して背負って帰ってください。ちっと熱いかもしれませんが。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

呉善花氏の講演を聞く

ひょんなことから呉善花氏の講演を聞く機会を得た。
以前から彼女の著作、スカートの風シリーズ、やっかいな隣人韓国の正体、売国奴などを読んだことがあったので、大変楽しみにしていた。呉善花氏は韓国、済州島の生まれで、軍国時代に軍人となった経験もあり、日本にわたって大学に通う過程で日本についての認識を新たにしたらしい。もともと、母親が日本に住んだことがあり、日本人、日本の風土などを気に入っていたようで、いろいろ思い出話をしてくれたのが、日本に興味をもつ要因だったのかとも思われる。

今回の主題は、東日本大震災での日本人被災者の対応が異様であったこと。あれほどの困難にあいながら、パニックにもならず略奪も発生せず、譲り合いまで行うような人は日本人にしかいないと断言されていた。
確かにそうかも知れない。なぜ違うのか日本人の私には分からないが、確かに日本人は天災などの困難で略奪や暴動を起こすところは、ちょっと思い浮かばない。
また、呉善花氏は、多神教、いわゆるアニミズムの色を強く残しながら先進国になったのは世界で日本だけであることも指摘された。確かに、西欧列強(笑)はキリスト教が主体、中東はイスラム教、中国韓国は儒教がその根底であり、一神教あるいは神を否定する儒教が主である。逆に多神教というかアニミズムを主流とするのはアフリカの諸国とか、ネイティブ・アメリカンとか、アボリジニとか、経済的に成功していない人々が多いですね。
にもかかわらず、日本には多数の神社があり、今なお大事にされていますね。日本人はそのことに全く違和感を持っていません。というか、八百万の神という概念は抽象的には今なお生きている概念ではないかと思います。この事のだけでも日本人は未開人だと思う外人は多いのだそうです。

たしかになぁ、日本人って神道をベースにいろんなモノを祭ってますからねぇ。鏡とか刀とか、人とか…。その影響で、グラウンドに感謝する球児、土俵に祈りを捧げる相撲関係者などなど西洋人には理解不能なことがよく起こります。
これは外人にはわからない感覚なんだろうなと思います。アメリカというと先進国というイメージがありますが、ダーウィンの映画が、宗教的に異端だということで公開されなかったり、ヨーロッパではハリーポッターシリーズが焚書扱いや異端扱いを受けているということも聞きます。

呉善花氏は、この日本独特の調和を重視し、入ってくるものを柔軟に形を変えながら受け入れることができる日本人の文化基盤が世界を変える鍵になると考えておられるようです。まぁ、たしかに日本的精神にはいいところも多いですが、後付で学習できるようになりますかどうか?陸奥圓明流じゃありませんが、生まれたその時からの修練のみが可能にしていることですからね。また、外国の人に宗教を捨てさせることは不可能と思いますし。

本を持ち込んでいたので、サインもいただけてとても楽しく聞けました。呉善花先生ありがとうございました。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

原発について

フクシマの事故があるまで、原子力についてあまり調べたりしていなかったんですが、ずっと昔(35年くらい前かな)に、原子力について調べたときに放射性廃棄物の処理に難関がある。すなわち、廃棄物が危険でなくなるまでに300年とかかかってしまうというのは知ってました。当時も問題視されていたんですが、最新の情報でも解決に至っていませんね。
いまから300年前というと元禄時代です。赤穂浪士が吉良邸に討ち入りをやった頃です。300年未来は日本はどうなってるでしょうね。想像もつきませんが、そのころやっと今生産している放射性廃棄物が無害化されている頃です。
さらに、半減期が長いものはもっと長い保存期間が必要なんですが、今の我々に100年を単位とするような保存技術はないと思うんですよ。

そう考えると、原子力というのは正直に言って我々の手に余るテクノロジーだと思います。現在の技術では御しきれていないとしか思えませんね~。

地球温暖化防止のために原発が効果的という議論が盛んでしたが、果たして本当でしょうか。確かに原子炉が動いているときは炭酸ガスを発生しません。しかし、原子炉を作るには他の発電設備より手間暇がかかります。特別に頑丈に作らないといけないし、放射線が出ないような素材が必要ですし、非常用発電機など普通ならいらないものがたくさん必要です。この段階では炭酸ガスが普通の発電設備よりよっぽど多く排出されます。

次に原子炉の燃料にはウランが必要でこれを採掘してこないといけません。ウランは放射性物質ですから採掘するには手間隙がかかり、当然多量の炭酸ガスが排出されます。しかも、ウランを濃縮しないといけません。これにはかなり大規模なプラントが必要で当然大量の炭酸ガスが排出されます。そして、燃料を得た時点で劣化ウランが残ります。
かつて、人形峠でウランの採掘と濃縮を行った際は汚染された残土が大量に放置されていました。動燃は裁判で負けた挙句にこの土をアメリカに捨てました。アメリカ先住民の居住区に持って行かれたらしいです。土を何百トンとか何千トンとかアメリカまで運ぶのにどれほどの炭酸ガスが出たでしょう。残りは10億円もかけてレンガにして売り飛ばそうとしているようですが…
アメリカでも劣化ウランの処置に困って、弾薬にしたようです。比重が重く、空気中で燃焼するウランは大変凶悪なAPになるようです。ついでに放射能で汚染してくれるので相手に与えるダメージは強力です(笑)
しかし、中東あたりで戦争したくらいでは全然減っていないようです。今なお莫大な劣化ウランを抱え込んでます。

さて、燃料が用意できたら、いよいよ発電ですが、原発の熱交換能力は33%ほどしかありません。100万KWの発電所では300万KWの熱を出し、残りの200万KWは海に流してます。こいつは膨大な熱量です。毎秒数10トンの水の温度を数度引き上げることができます。この熱は温暖化に寄与しないんですかね?ちなみに火力発電所では非常に高温の蒸気を作り出すことで熱交換率は50%に到達するそうです。原子炉だと危なくてその温度に持っていけないらしい。まぁ、東日本が主に採用している沸騰水型原子炉だと、核燃料に触れていた水の蒸気をタービンに引いていっているので、温度と圧力を上げてタービンから漏れでもしたら洒落にいなりませんからねぇ。
さらに火力発電所なら都市部に作っちゃって、排熱を含んだお湯を引き回して再利用などという方法も考えられます。熱交換器でお風呂とか勝手に沸かしてくれると燃料の節約になりますね。この方法は原子炉にはできません。日本の原子炉は全部すごい田舎に作られてます。危ないという自覚があるから都市部に作れないんですね。東京電力の原発が、新潟、福島青森にあることがその証明でしょう。「東京」電力なのに原子力発電所は関東圏に無いのです。

100万KWの発電所が1日稼働すると、広島型原爆3~4発分の放射性廃棄物を生成します。日本にある原子炉を全部運転すれば、年間には広島型原爆50,000発分の放射性廃棄物を作ります。これを何百年も、物によっては何万年も安全に保存しなければならないとしたら、そこで必要なエネルギーはどれほどの量でしょうか?

というように考えると、よっぽど化石燃料を燃やしてたほうがマシじゃなイカ?と思ってしまうでゲソ。
恐ろしいじゃなイカ

ちなみに、石油の埋蔵量の見積もりは、1930年代には、残り18年とされていました。この短さが大1次世界大戦の遠因と言う人もいます。1940年代には、残り20年と見積もられました。10年経って2年伸びてます。でもそれだけ?という数字ではあり、第2次世界大戦の原因になったという説はあるようです。そして、現在石油の残る埋蔵量は50年~55年くらいと言われています。時代が進むごとにどんどん増えてます。(笑)
もちろん石油や石炭は無限にあるわけではなく、大切に使うべきエネルギー源ですが、現時点では原子力より安価で安全で残量が多いと見積もられています。ウランの発生する莫大なエネルギーを加味しても、その全エネルギーは石炭の埋蔵量に遠く及ばないと言われています。

というわけで、可及的速やかに止めちゃうべきじゃありませんかね?原発。とっとと燃料を取り出して処分してしまえば、危険な放射性廃棄物の残量は増えませんからねぇ。それだけ省エネじゃなイカ?

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

原発停止について

総理大臣がいきなり中部電力の浜岡原発に停止要求を突きつけました。
困ったことに中部電力がこれをウケちゃいましたねぇ。

確かに、浜岡原発は活断層の上に建ってたり、地震に関する懸念事項は山ほどあるんですが…

ここで、福島第1原発の事故を振り返ってみましょう。
福島第1原発は、地震直後制御棒を挿入して核連鎖反応は停止状態になりました。浜岡原発の停止はこの状態と同じと思われます。
しかしながら、本当に深刻な問題になったのは冷却機能を喪失したことによって起こっています。

まず、震災によって外部電力を供給する電力ラインの鉄塔が破損し、外部電力を喪失。
非常用発電機を起動しようとするも、直後の津波により発電機、および燃料タンクに被害を受け、非常用発電機を動かすことが出来なくなる。電力車を動員するもコネクタの互換性がなく接続不能。
これらの問題により、
 1) 冷却機能を動かすことができなくなり
 2) 核燃料の崩壊熱を放熱することができず、冷却水が蒸発して喪失
 3) 燃料棒の露出による水素の大量発生と圧力上昇
 4) ベントによる気体の排出により水素を放出してしまい水素爆発
 5) 燃料棒の冷却ができず崩壊熱により燃料棒の融点を突破し、メルトダウンに陥りました

福島第1からわずか10kmほどしか離れていない福島第2原発は現在まで問題を起こしていません。これは津波対策が施されており、非常用発電機や燃料タンクがコンクリートの頑丈な壁に守られていたため、多少の浸水はしましたが、完全に電力を失うことはなく、冷却がうまくいっているためです。女川原発は高台に設置されていたため、やはり冷却機能を保持しており、放射能汚染を撒き散らすどころか、避難所として機能していたくらいですね。

さて、これらの事象から、問題は地震及びその後の津波にあっても冷却能力を失わなければ深刻な問題になりえないことがわかります。また、東北のどの原子炉も地震の段階で緊急停止に入っており、核反応は止められています。現在、事故真っ最中回復の見込みなしの福島第一原子力発電所以外は、冷却ポンプが無事で外部電力を正常に供給できたことが助かった要因です。

さて、浜岡原発について考えてみましょう。
政府は、というか首相は、原発の停止を要求しました。しかし、燃料の移送は要求していないのでは?これはニュースで確認できません。浜岡原発に燃料が置かれている限り、この燃料は冷却し続けることが必要なのは福島第1と同じです。つまり、停止していても燃料が入っていれば、地震により外部電力を絶たれたり、冷却ポンプにダメージを負ったりすれば、浜岡原発もメルトダウンに陥るということです。

というわけで、原発を止めただけでは何の解決にもなっていません。少しも全く危険性が下がっていないと、私には思えます。逆に東京、九州などに余剰電力を供給していた中部電力の発電力を削いだために深刻な電力不足を全国規模で起こすことになっています。

浜岡原発停止は、世論では「よくやった」と認められているようですが、私は認める気になりませんねぇ。やるんなら燃料棒を全て地震の影響がないと思われる地域(そんな地域は日本に無いと思いますが)に移送し、継続的な冷却を実施することが必要です。
というわけで、今回の措置は百害あって一利なしと思うのであります。

原発を推進しろなんて言うつもりはありませんが、現在の原発を止めただけでは何の解決にもなっていません。燃料全てが冷温安定状態になるまで何年も(ことによると何十年も)冷却できる体制を作らないと、何も改善されていません。原子炉はそこにあるだけでいつ福島になるかわからない代物です。

というわけで、現在の政府の動きは、単に日本の電力ひいては経済を混乱させただけで、全く一切何の根本的解決も行っていないと思うわけです。
早いとこ内閣総辞職に追い込んで欲しいものです。

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

トラックバックテーマ 第1186回「あなたの好きな「生地」は?」

トラックバックテーマ 第1186回「あなたの好きな「生地」は?」



CoolMaxですね~。デュポン社が創りだした高速乾燥素材。綿の5倍以上の速度で水分を蒸発させることができるので、運動するときにはベストチョイスです。商品選択時に、これが使われているかどうかは大きな選択肢です。
私の晴秋用ジャージは主にこれです。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク