FC2ブログ

原発停止について

総理大臣がいきなり中部電力の浜岡原発に停止要求を突きつけました。
困ったことに中部電力がこれをウケちゃいましたねぇ。

確かに、浜岡原発は活断層の上に建ってたり、地震に関する懸念事項は山ほどあるんですが…

ここで、福島第1原発の事故を振り返ってみましょう。
福島第1原発は、地震直後制御棒を挿入して核連鎖反応は停止状態になりました。浜岡原発の停止はこの状態と同じと思われます。
しかしながら、本当に深刻な問題になったのは冷却機能を喪失したことによって起こっています。

まず、震災によって外部電力を供給する電力ラインの鉄塔が破損し、外部電力を喪失。
非常用発電機を起動しようとするも、直後の津波により発電機、および燃料タンクに被害を受け、非常用発電機を動かすことが出来なくなる。電力車を動員するもコネクタの互換性がなく接続不能。
これらの問題により、
 1) 冷却機能を動かすことができなくなり
 2) 核燃料の崩壊熱を放熱することができず、冷却水が蒸発して喪失
 3) 燃料棒の露出による水素の大量発生と圧力上昇
 4) ベントによる気体の排出により水素を放出してしまい水素爆発
 5) 燃料棒の冷却ができず崩壊熱により燃料棒の融点を突破し、メルトダウンに陥りました

福島第1からわずか10kmほどしか離れていない福島第2原発は現在まで問題を起こしていません。これは津波対策が施されており、非常用発電機や燃料タンクがコンクリートの頑丈な壁に守られていたため、多少の浸水はしましたが、完全に電力を失うことはなく、冷却がうまくいっているためです。女川原発は高台に設置されていたため、やはり冷却機能を保持しており、放射能汚染を撒き散らすどころか、避難所として機能していたくらいですね。

さて、これらの事象から、問題は地震及びその後の津波にあっても冷却能力を失わなければ深刻な問題になりえないことがわかります。また、東北のどの原子炉も地震の段階で緊急停止に入っており、核反応は止められています。現在、事故真っ最中回復の見込みなしの福島第一原子力発電所以外は、冷却ポンプが無事で外部電力を正常に供給できたことが助かった要因です。

さて、浜岡原発について考えてみましょう。
政府は、というか首相は、原発の停止を要求しました。しかし、燃料の移送は要求していないのでは?これはニュースで確認できません。浜岡原発に燃料が置かれている限り、この燃料は冷却し続けることが必要なのは福島第1と同じです。つまり、停止していても燃料が入っていれば、地震により外部電力を絶たれたり、冷却ポンプにダメージを負ったりすれば、浜岡原発もメルトダウンに陥るということです。

というわけで、原発を止めただけでは何の解決にもなっていません。少しも全く危険性が下がっていないと、私には思えます。逆に東京、九州などに余剰電力を供給していた中部電力の発電力を削いだために深刻な電力不足を全国規模で起こすことになっています。

浜岡原発停止は、世論では「よくやった」と認められているようですが、私は認める気になりませんねぇ。やるんなら燃料棒を全て地震の影響がないと思われる地域(そんな地域は日本に無いと思いますが)に移送し、継続的な冷却を実施することが必要です。
というわけで、今回の措置は百害あって一利なしと思うのであります。

原発を推進しろなんて言うつもりはありませんが、現在の原発を止めただけでは何の解決にもなっていません。燃料全てが冷温安定状態になるまで何年も(ことによると何十年も)冷却できる体制を作らないと、何も改善されていません。原子炉はそこにあるだけでいつ福島になるかわからない代物です。

というわけで、現在の政府の動きは、単に日本の電力ひいては経済を混乱させただけで、全く一切何の根本的解決も行っていないと思うわけです。
早いとこ内閣総辞職に追い込んで欲しいものです。

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
スポンサーサイト





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク