FC2ブログ

冬用ウインドブレークサイクルジャケットレビュー

冬用ウインドブレークサイクルジャケット届きました。
検品して試着してみましたが、昨年同様ちょうどいいサイズです。

冬用ウインドブレークサイクルジャケット グレーM
冬用ウインドブレークサイクルジャケット グレーM

基本的には昨年のモデルの発展型のようですが、細部に結構変更が食えられています。

1) 襟の処理の変更
昨年のモデルはジッパーは襟の部分の下までで、襟の部分はベルクロテープで止めるようになっていました。しかしこのベルクロテープの受け側が左右に短すぎてほとんど接続の自由度がありませんでした。Amazonのレビューでも問題指摘されていました。
今年のモデルは襟までジッパーで閉めるように変更になってます。これは商品の写真からもなんとなく確認できますが。

2) チャックの下の処理の変更
昨年モデルは、チャックは布の端面に取り付けられていました。したがって、チャックの下側をカバーする布がありません。このためチャックから冷たい空気が漏れてくることが指摘されていました。
今年のモデルは、よくある冬用のジャケットのように、右側のチャックの体側(内側?)に1cmくらいウインドブレーク生地がせり出しています。チャックから漏れてくる冷気を止めるための仕様変更だと思われます。
冬用ウインドブレークサイクルジャケット グレーM
冬用ウインドブレークサイクルジャケット グレーM

3) 生地の変更
厳密には変更したかどうか不明ですが、今年の商品には CoolMax のロゴが付いてます。昨年は付いてなかったと思いますので、素材の何処かにCoolMaxを採用したことが考えられます。

4) チャックのつまみ
昨年のモデルはチャックのつまみは大きかったように思ったのですが、今年のモデルはごく普通のつまみがついてます。素手で開け閉めするのに難はありませんが、冬用のグローブをつけてしまうとちょっと持ちにくそうです。サイトーインポートはこのへん分かっているものを作っていると思っていたのですが…
まぁ、チャックのつまみはたしかに大きいけど発注時期が違うと違うパーツが付いていたなんてのはよくありましたが。実際製造工程で入手できる同様の安い部品に変更することはよくあるとサイトーインポートホームページにも書かれていました。しかし、この部分はぜひ改善を求めたいですね。

総じて、かなり改良が加えられていると思われます。
それでいて、価格は据え置きなので、悪くない買い物でした。
スポンサーサイト





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク