FC2ブログ

体に良い砂糖の使い方

[砂糖] ブログ村キーワード
実は、甘いもの好きなんですよ。アンコとか餡子とか。特に小豆の餡に強い執着があって時々発作的に食べたくなります。まぁ、それでほとんど車で動き回っていたんだからメタボになって当然ですよねぇ。若い頃は代謝量が大きかったせいか食べてもさほど太らなかったような気もしますが、貧乏だったのであまり食べてなかったのかな?

さて参考書によると、自転車に乗ってエネルギーを消費する時、脂肪を燃焼するためには糖質が必要で、エアロビック運動では脂肪と糖質のエネルギー消費は5:5なんだそうです。すなわち、糖質がなければ脂肪燃焼もできないということですね。この場合の糖質は血液内の糖質なので、炭水化物や糖分の摂取によって得られる分、それでも足りないとグリコーゲンを分解して作り出されるんですが、何が言いたいかというと脂肪燃焼には糖質が必要で、糖質をとっても十分な運動をするなら、生活習慣病の心配などはないはずだと…思いたいですね。多分、あってると思うんですが。

というわけで、何をどう取ろうと糖質は糖質。体の中では炭水化物も基本的に糖質に変換されます。どうにも糖質が入ってこないときには脂肪を分解して糖質をつくりだすという非常回路まであります。なので、くよくよ考えて代替糖分を選ぶなんてストレスの溜まりそうなことするくらいなら、自転車で楽しく走って糖分を脂肪とともに燃焼させるのがいいのではないかと、思うわけです。

これからも自転車に乗って、ストレスとメタボにサヨナラを言える日を目指したいと思います。
スポンサーサイト





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

カギについて

[防犯対策] ブログ村キーワード
自転車って盗まれますよね。私の甥が3度にわたって盗難に合いました。一度は自分の家に自転車をおいて、荷物を家に放り込んで再度出かけようとした、その時にはなくなっていたそうです。このため、かの甥っ子はとうとう激安自転車に乗ることになってしまいました。盗まれるの前提で安いものを使うってのも、防犯対策なんでしょうが、ちょっと悲しいですねぇ。
正直、自分の自転車が盗まれると痛いですよね。手間暇もお金もそれなりに掛かってますからねぇ。毎週メンテして、アチコチパーツ変えて、一緒に走り回ったバイクは大切にしたいです。
というわけで、私の自転車には一応ぶっといチェーンロックをかけてます。カギで開けるものですが、なにぶんぶっといので、自転車でもって歩くのが大変。一応シートチューブに固定できるようにしてるんですが、固定するためには巻いてロックしないとイケない。すると、カギをかける時にはまたロック解除のためカギを出さなきゃならん。というわけで、短時間の停車用に小さなカギも買いました。数字ロックでコンパクトで軽いヤツ。でも長時間の場合は太い方でなるべく地球につなぐようにしてますが。もっと高いバイクを買ったら多分自宅に持ち込んじゃうでしょうね。心配だから。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

トラックバックテーマ 第867回「あなたの口癖おしえてください」

トラックバックテーマ 第867回「あなたの口癖おしえてください」



「アイタッ」ですね。自転車に乗ってて段差を超えた時なんか痛くなくても言っちゃいます。なんとなく自転車が痛そうで(笑)。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク