FC2ブログ

ブッシュ&ミューラー サイクルスター 901/3 サイクルミラー

本当は今日はバーエンドバーの取り付けの作業に先立ってミラーを引っぺがしたのでミラーについてのレビューでもしておこうというわけで、本日の主役は、ブッシュ&ミューラー(BUSCH+MULLER) CYCLESTAR サイクルスター 901/3 サイクルミラーです。類似品に901/2がありますが、これはドロップハンドルのエンドに取り付けるもので、フラットバーにつけるとどうやっても後ろが見えません。901/3はフラットバーのバーエンドまたはハンドルバーにまきつけて取り付ける仕様です。

さて、現物ですが、
ミラー

こんな感じです。隣にあるJPSはサイズ比較用ですが、かなり小さいです。ミラー面の直径が6cm足らずといったところでしょうか。短いステーとその基部は金属製です。その先の右に折れ曲がった部分がバーエンドに突っ込む部分で、ここだけ樹脂製です。JPSの下のアーレンキーは製品に付属してました。バーエンドに付けるならこれ一本で作業できます。

バーエンドへの固定メカニズムですが、この樹脂パーツの先端にあるねじをアーレンキーで締め上げます。写真は締める前の状態です。
固定を締める前

で、締め上げていくと以下のようになります。
固定を締め上げた
斜めになった下部パーツをねじで引き寄せて結果として太くなっていくんですね。なるほどなぁ。ちなみにこの部分は樹脂ですが、ねじは金属で、ねじを受けるナット部分も樹脂に金属のナットが埋め込まれています。
ハンドルバーに差し込んでから締めていくと固定できます。逆に一番緩めた状態でバーの中に入らないと付けられません。説明書によればこれが17mmなんだそうです。ラレーRF-L(2009)のハンドルバーには問題なく入りました。

ミラーの角度調整ですが、まずこの樹脂部分が傾いています。つまりミラーをバーから上に出すつもりなら、ミラーが上に来るようにバーに固定しておかなければなりません。私はミラーを下に出したいので下向きにバーに取り付けました。
ミラーのステー部分
写真に見えるねじで、バー固定部とこの金属部およびミラーのステーすべてを締め上げます。

ミラーのステー部分2
したがってこのようになるわけです。ねじ1本で二つの部分を固定するのでちょっと面倒ですが、締めこんでいくと、私の場合、まずバー固定部がロックされミラーステーは動きます。さらに締めこむとどちらも固定されます。と言うわけで締め具合で順々に位置を決めていけば、円滑に調整できるのではないかと思います。

ミラーとステーのあいだもある程度動かして調整することができるので最後はここで見える角度を調整します。

バックミラー
これが取り付け完成図です。
振動によるブレなどもありませんでしたし、よくできたミラーだと思います。
写真の取り付け状態で、バーエンドから8~10cmくらいはみ出していると思います。走っているときはちょっと気を使うくらいで大丈夫なんですが、右だけ長いので、駐輪場などで他の自転車のハンドルに干渉したり、壁に当たったりすることがあります。
駐輪時などに何度かぶつけましたがどこも壊れませんでした。角度が変わっただけだったので、手でグイッと見える角度に直して使ってます。ミラー面はガラスなのでとてもクリアーです。反面深刻な衝撃を加えると割れるんでしょうね、きっと。


スポンサーサイト





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク