FC2ブログ

TIMBUK2 クラシックメッセンジャーバッグ

これまで通勤にはリュック状態にもなるショルダーバッグを使っていた。
ショルダー時にはリュック状態のときの肩ベルトは側面に収納されて普通のバッグのように見えるこれはこれで優れものだった。だが、背中に荷物が密着するので熱がこもって暑いのだ。今の時期でもなお暑い。いや、今の時期だからこそ服を着込んでいるので余計にだめかもしれない。

と言うわけで打開策を模索していて、現状たどり着いたのが、メッセンジャーバッグである。いってみればショルダーバッグをたすきがけにしているだけなのだが、メッセンジャーバッグを名乗るものは大抵、前にずれてこないように補助ベルトが付いている。たとえば右肩から左脇を通って背中(と言うか腰)にバッグがあるとき、バッグの右腰に来る末端部分からたすきが消したベルトにもう一本細いベルトをかけるわけだ。これでバッグが前にずれてこなくなる。

とまぁ、知っている人にはくどい説明かも知れないが、メッセンジャーバッグなら背中の上部が空くので、放熱がいいだろうと考えたわけだ。で、メッセンジャーバッグと言えばこれ。

TIMBUK2 クラシックメッセンジャーバッグにたどり着くわけだが、大きさをどうしようかと考えて、結局A4ファイルが楽に入ると言うSサイズを購入した。

さて実際に使ってみると、私が会社に持っていく荷物は以下のとおり。

  • コンピュータ作業専用のメガネ

  • コーヒーの詰まった魔法瓶

  • 携帯用HDD

  • PSP(笑)

  • 携帯充電用ACアダプタ+USBケーブル

  • 夜間用ライト

  • テールライト

  • エアゲージ

  • エアインフレータ

  • 付けてないほうのグローブ(最近の気温の関係で夏・冬両方持ち歩いている)


といったところか…。ワイヤー錠も前のバッグでは移動中はバッグに放り込んでいた。バイクのシートチューブに固定できるのだが、固定するためには、巻いてロックしなければならない。そうすると、またバイクを置くときには鍵を取り出してロックを解除しないといけない…で、面倒なので適当に丸めてバッグに無理やり詰めていたのだ。

さて、クラシックメッセンジャーバッグSには上記の箇条書きの部分はすべて入った。何の問題も無いようだが、問題はこれでほぼいっぱいになってしまったことにある。余剰容積がほとんど無いのだ。先ほどのワイヤー錠を入れるのも難しい。入らないことは無いが巻いて固定したほうが速かった。余剰が無いから帰り道に寄り道しても買い物もできない。いや入ることは入るんですよ。実際会社の帰りにコーヒーショップで豆を400gほど買い込んでねじ込んで帰ってきたし。ただ、メッセンジャーバッグに限界まで荷物を詰めるとパンパンの硬い代物に変身して腰の上で暴れるのだ。先のクロスベルトがあっても足の横まで滑ってきてペダリングの邪魔になったりする。
で、困った挙句、Mサイズを買ってしまったわけだ。

こいつは大きい。どれくらい大きいかを実証しようと、ちょっと写真を撮ってみたので、それを使って説明してみたい。

先日のツールボトルをSサイズのバッグに入れてみた状態。
バッグS
バッグの底の有効幅はボトルの直径よりわずかに大きいに過ぎない.

今度はMサイズのバッグに同じツールボトルを入れてみた。
バッグM
スカスカである。もう一本ボトルが並んでしまいそうである。バッグの横幅の違いもハンパない。

ためしにMサイズのバッグにSサイズのバッグを入れてみた。
バッグインバッグ
すっぽり収まってしまった。スカッと入ってしまう。
Mサイズにするとバッグはずいぶん大きいが、内容物の物量は変わらないので、蓋を閉めるとぺしゃんこになり厚みは出てこないため、意外と小さく感じる。何より余裕があるためバッグ自体が体にフィットしてずれてこないのだ。
と言うわけで、Mサイズでやっと通勤にマッチするバッグになった。いずれのバッグでも背中の大部分は空いているので、リュックほど熱がこもらない。リュックだと背中だけ汗をかいたりしていたのだが、それがなくなってさわやか通勤である。

さて、バッグ自体は中にチャックつきの小物入れが二つ、見るからに携帯入れらしいポケットひとつ、ペンを指すところ3つ等などのポケットがあるほかは何も仕切りがない。いってみればただの袋みたいなものだ。まぁバッグなんてそんなものかもしれないが。モノ自体は頑丈な素材にきれいな縫製で、内側の素材は滑らかな素材でほぼ完全に防水だと思われる。ただし、蓋がただのフラップなので隙間がある。ここから流れ込むのは避けられないだろう。が、雨の日はバイクで行かないのでOKだ。たすきがけは右からも左からもできる。クロスベルトをとめる場所は左右どちらにも付いていた。

と言うわけでメッセンジャーバッグを二つも買ってしまった間抜けなお話でした。
ちなみに、現時点ではAmazonはMサイズを定価販売している。まぁ、だからSを買ってみたのだが(涙)。ちょっと前まで8,400円だったのだが…。まぁ安いところを探し回るのも、購入の楽しみのうちなので(笑)。

本日のメタボ記録

本日の平均速度 15.7km/h
本日の最高速度 34.4km/h
本日走行距離 6.1km
本日の走行時間 23分27秒
現在までの走行距離 446.8km
体重 73.5kg
体脂肪率 24.8%
筋肉率 30.7%
BMI 24.8
オムロンの体組成計の判定はかくれ肥満。
スポンサーサイト





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

通勤にサイクルウェア

私の会社はありがたいことにスーツを着て来いとは言われない。むしろ、スーツなんか着ていくと常務からして『何でそんなカッコしてるんだ?』と言う有様である。面白いことに会社全体がこれで統一されているわけでもなく、私のいる部署だけそうなのだ

と言うわけで、最低限のドレスコードは、いわゆるジーンズ(青い奴ね)はだめ、襟の無い服もだめ。と言うわけで、襟さえあればポロシャツでもOKだし、色が青くなければこれジーンズじゃね?と言うのも通っている。

自転車ツーキニストにとってはとてもありがたいことである。寒くなってきてから、最近買ったキャノンデール フーディチーム トップキャノンデール モノグラム トラックジャケット 8JM15を着て行っているが特に文句も言われない。キャノンデール フーディチーム トップは一見普通のグレーのパーカーだからそれとして、いい歳して真っ赤なサイクルウインドブレーカーは恥ずかしいと言えば恥ずかしいが、ウインドブレークと放熱のため、これが快適なのだ。夜間の視認性も黒よりいいだろうし…

あぁ、なんだか自転車に毒されてだめになってきているかも。
どっかのブログで読んだんだよなぁ~

もっこリレーパンは恥ずかしい → 動きやすいのが正義
派手派手ぴったりのジャージは恥ずかしい → 背中ポケットが神
ヘルメット被るのは恥ずかしい → 標準装備だ、安全第一

と意見の変わっていった人…

閑話休題

その他は、普通の綿のパンツにシャツにスニーカーである。チェーンに巻き込むといやなので右足だけはズボンクリップで縛っている。あとは…グローブは必ずしてるな。手が痛いし、転んだときが怖いし。最近まではキャノンデール メンズ クラシックグローブをしていたが、さすがに寒くなってきたので、最近はパールイズミ 7214 クエスト ウィンターグローブを付けている。最初は指はかわしたつもりでもグローブの先っぽがレバーに当たったりして戸惑ったがそろそろ慣れた。暖かい日はむしろ手に汗を握ってたりするが(笑)。これ以上寒くなったときのためにパールイズミ 120 インナーグローブも用意している。重ねてはめてみたがそれほど悪くない感じだ。もうちょっと寒くなったら実際に試してみよう。

と言うわけで本日のお勧めはこれらのグローブである。



本日のメタボ記録

本日の平均速度 15.1km/h
本日の最高速度 35.1km/h
本日走行距離 6.1km
本日の走行時間 24分14秒
現在までの走行距離 440.7km
体重 73.0kg
体脂肪率 25.0%
筋肉率 30.6%
BMI 24.7
オムロンの体組成計の判定はかくれ肥満。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク