FC2ブログ

もうちょっと遠くまで行くために - パンク対策にポンプやチューブ

さて、自転車で遠出した時に困りそうなのは、給水、腹ペコ以外にトラブルというのがある。
おもにパンクだ。パンクした自転車はもはや重荷にしかならない。
というわけで、出先で復旧する手立てを用意しないと、いろいろ不安になってきた。

とりあえず、必要なものは、携帯用ポンプ、交換用チューブ、タイヤレバーと言ったところか。パンク修理キットを用意してチューブを省略する手段もあるが、大きな穴やバルブ付近のトラブルには対応不能なので潔くチューブを持ち歩くことにしよう。後はこれらを運ぶ手段である。

というわけで、以下のものをそろえてみた。

まずはポンプである。携帯用のポンプはいろいろあるが、小さいものは空気を入れるのが大変そうだ。特に私のRF-Lは仏式バルブなので、ポンプを斜めに入れるとバルブを痛めてしまう。フロア型の小型版のようなポンプもあるが、いまひとつ大きい。で、CO2タンクから圧送するというボンベ型を採用。トピークのツータイマーである。軽くならポンプとしても使えるという小憎らしいやつである。写真で下の口がポンプ駆動の時の接続部。中のパッキンなどを外してひっくり返すと米式から仏式に変わる。上の口がインフレータの接続口。米仏両用。CO2タンクの口をこのインフレータ接続部に向けて入れれば使えるが、逆向きに入れることで内部に未使用ボンベを一本収容できる。ボンベ1本付き。


チューブはRF-Lが700x32Cなので、いろいろ検討した結果28~45と対応範囲の広い、シュワルベの以下のやつ


タイヤレバーは携帯用ツールのTOPEAK(トピーク) ハマー(ヘキサス16)のサイド部分のプラスチックをはがすとタイヤレバーになっているんだが、いまひとつ小さいのと2本だし~ということで、以下


シュワルベのロゴがほかのレバーの裏に食い込んで合体するのがカッコよかったからというつまらない理由で選定。コンパクトで尖ってないところも気に入った。

さて、ポンプはフレームに取り付けるステーが付属していたが後はバラだ。これらを入れるバッグが必要である。というわけでサドルバッグなるものを検討してみた。


一応このバッグで今回のポンプ以外のもの(予備のCO2タンク携帯ツール含めて)が、全て収まってまだ余裕がある。後は軍手だな…後輪はずすとチェーンで手が汚れそうだし、ドロドロの手にグラブはめるのも、グリップ握るのもためらわれるし。

11/18追記
というわけで、サドルバッグに収めるための軍手も買った。ホームセンターで探していたら、最初2セットで98円というのがあったのだが、その付近に1ダース178円を発見し、こんなにいらない気がするんだが…と思いつつ1ダース購入。とりあえず軍手一組にCO2ボンベを包んでサドルバッグに放り込んだ。ボンベがツールあたりとぶつかってガチャガチャ言いそうなので。タイヤレバーはバッグ側面とチューブの隙間にねじ込んで(それくらいコンパクトなレバーだ)…携帯ツールを入れても、まだカロリーメイトくらいなら入りそうだな…
11/18追記終了

他にこんなのも用意してみた。

ウエストバッグである。バックパックは一つ持っているんだが、背中が暑いのだ。不必要にでかいし。ポタリングに行くくらいならこれとサドルバッグでおつりがくると思う。
スポンサーサイト





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

テールライトを衝動買い - キャットアイ TL-LD270-R

自転車って意外と無灯火の人多いんですけど、あれは危ないと思うなぁ。私は薄暗くなったあたりでピカピカ光らせます。自衛手段ですからね。

さて、町で、大昔のナイトライダー(若い人は知らないかも)のように左右に点灯部が行ったり来たりするテールライトを見かけてちょっとほしくなってしまった。
今使っているキャットアイ TL-LD270-R レッドは、小さくてよく光って軽くていいんだけど、電池が単5を二本必要とする。この間、鞄に放り込んでたらなんかの拍子にスイッチが入っていたらしく使おうとしたら電池切れだった(涙)。電池を探しに行ったが、単5ってコンビニなんかに売ってないんだなぁ。結局ヨドバシカメラまで行く羽目に…

で、ナイトライダー風のライトを探してみると、たぶんこいつだった。


こいつは電池が単4×2である。これならどこでも売っている。その気になればエネループとかも使える。というわけで(どんなわけだ)購入することにした。

ちなみにキャットアイ TL-LD270-R レッドと、CATEYE CATEYE ハイパワー&スリム TL-LD610-Rは、取り付けストラップが共通だ。なので、ストラップはそのまま流用。キャットアイ TL-LD270-R レッドと違って電源スイッチは飛び出てないので鞄の中にラフに放り込んでいても鞄の中で虚しく光り続けることはなさそう。
点灯モードは、全点滅、全点灯、サイドトゥサイド(こいつがナイトライダーだ)、ランダムと切り換えられる。消灯後、再点灯すると最後のモードを覚えているので便利。
使ってみると、相当に明るい。至近距離だと明るい室内で見ても目が痛くなるレベル。車にひかれないように自己主張は必要だよねぇ、ということで満足な一品でした。

しかし、ナイトライダーのファンはこれって、前につけたくなるよねぇ。ときどきいますねど。前照灯が赤い人。赤いライトが近づいてくると車の人や車の運転に慣れている人はパニックになる(赤いだけでテールライトと思うのが普通)ので、やめた方がいいと思いますよぉ。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク