FC2ブログ

チェーンの洗浄と注油

そんなこんなで自転車を乗り回していると気付いた。
チェーンがまっ黒けである。

私も子供のころ自転車を錆錆にした経験はある。うむ、洗浄と給油が必要だな。
しかし自転車のオイルって何使うんだ?昔は謎のプラスチックボトルに入っていた「機械油」と称するものを見た覚えがあるが…さて。

困った時はgoogle先生である。「自転車 チェーン 注油」で検索すると詳しく解説してあるページがたくさん見つかった。

オイルと言えばCRC 5-56というイメージがあるが、粘度が低すぎてチェーンには向いていない。一瞬潤滑により動きが良くなるがすぐなくなってしまうそうな。と言ってバイク(自動二輪車)などのチェーンオイルは非常に過酷なトルクや摩擦に対抗するため(そりゃぁ人間よりずっと馬力あるし)粘度が高すぎてお勧めできないと。

というわけで餅は餅屋で自転車用品から探索する。
まずは洗浄に必要な、チェーン洗浄機と洗剤。

洗浄機はパークツールのCM-5


洗浄剤には


チェーンに注油するチェーンルブは以下


一口に自転車用チェーンルブ(チェーンオイル)と言っても、ワックス、ドライ、ウェットに分かれているようだ。

ウェットはMTBのようにほこりや泥がつきやすい環境でも潤滑できるオイル。
ドライはロードのような比較的ほこりの少ない環境用で、オイルのべたつきが弱くほこりを吸って真っ黒になりにくい。
ワックスは、ドライよりもっと乾いた感じでまさにワックスという感じらしいが使ったことないのでわからない。

今回はドライのオイルを使ってみた。

パークツール サイクロン CM-5 Y-8132フィニッシュライン エコテック2ディグリーザーを入れてチェーンの下側を挟んで、チェーンを逆回転させると面白いように汚れが落ちていく。この時結構どす黒い洗浄剤が飛び散るので予め車体の下、チェーンの下の車体などを新聞紙などで保護しておいた方がいいようだ。その後、パークツール サイクロンに水を満たして数回すすぎを行ってから注油した。
まぁ、濡れたまま注油も問題なので、チェーンが乾くまでの間、フィニッシュライン ドライ」ルーブを、前後ディレイラーやら、ブレーキ/シフトレバーやら、それらをつなぐワイヤーなどに注油して乾くのを待っていた。
それぞれ注油したらオイルが垂れるので、ウェスで余分なオイルはふき取っておく。

これでようやく注油完了である。
まぁ、これからは注油優先でひどい時だけ洗浄するようにしようかなぁ…、大変だったし。

チェーンに給油するだけならドライルーブはフィニッシュライン(FINISH LINE) テフロンプラス「ドライ」ルーブ 60ml TOS013の方が効率的かも知れないと思った。スプレーだとチェーンには出すぎるんだよなぁ~。盛大に無駄になったと思う。でも、ディレイラーなどの狭いところの注油はスプレーじゃないとできないし…
スポンサーサイト





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

手が痛い - 自転車用グローブ

衰えに対抗するには、ちょいちょい自転車に乗って運動することだ。
が、久しく箸より重いものは持っていない私の手はちょっと自転車をころがしただけで掌が痛くなる。加えて、その昔自動二輪車に乗っていた時代、手袋を必ず着用していたため、とっても不安だ。
人間の体とアスファルトの硬さ比べなんてのは、若いころだけで十分だ。

というわけで、手袋調達を決意。
ところが、自転車を購入したショップには手袋なんて置いておらず、適当に見て回った量販店でも自転車用手袋なんてどこにもない。とりあえず軍手でいいじゃんというのも考えたが、この時夏の真っ盛りだったので、暑苦しいのは嫌だったのだ。

それで、困ったときのAmason様である。で、以下の手袋を発見。

いわゆる指切り型の手袋で、掌から親指の付け根までクッションが入っている。また、親指の甲側は汗ふきに使えるパイル素材で、それ以外の甲部分はメッシュで涼しい。しかも割と低価格だ。恰好もいい(笑)
というわけで、このグローブを購入。後は体力養成である。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

衰え…

さて、自転車を買ってみてそこいらをころころころがしてみたり、実際に通勤に使ったりすると、思った以上に、自分の体力が衰えていることに気がついた。
何しろ、会社までわずか3.5km。時間にしてのんびり走っても15分足らず。少し頑張れば10分少々の距離を走っただけでハーハーと息は切れるは汗だくになるわ(当時は夏の真っ盛りだったが)である。

「衰え…」とうつむく矢吹丈の気分である。

前述の、もはやバイブルと化した大人のための自転車入門では、まず20kmにチャレンジと書いてあるのだが、とてもそのような能力がないのだ。

しかし、焦っても急に能力が増えるわけでもなし、メタボと戦うにはじっくり改良を試みるしかあるまいと、自転車に乗り続けるのであった。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

メンテナンスの始まり - 携帯ツール トピーク ハマー

最初はポジションであった。
納車時にシート高、ブレーキレバーの位置などは一応あわせてもらったが、なにぶん乗るのが久しぶりなので、乗っているうちにだんだんと不満が出てくる。
だが、わがRF-Lのシートポストもレバーも六角レンチ(アーレンキーと言うらしい)で止められている。数回、会社の備品のレンチを借り出して設定を変えて帰るのを繰り返した後、ツールがないと話にならないと思ったわけだ。
さて、ツールと言ってもいろいろあるのだが、前述の大人のための自転車入門によれば移動時に道具が必要になる場合、携帯ツールが必須とあるので、まずは携帯ツールを入手して必要なものは後から順次そろえていこうと考えた。で買ったのがこれである。



大きさは、チョーでかい十得アーミーナイフくらいで、重さもそれくらい。それで自転車の主要な部分を調整するには十分なくらいの機能はある。2~8mmアーレンキー、+/-ドライバー、チェーンカッターにタイヤレバー、タイヤレバーはスポークを回すレンチも兼ねている。

これでシート高やレバー位置を毎日のように微調整して、結局シートは当初より随分高く、レバーは腕の延長線上に(かなり下を向く)落ち着いた。

しかし、シートポストは4mmで止められているのに、ブレーキレバーは5mm…?なんで?いいけど。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

マニュアル本 - 大人のための自転車入門

さて、自転車の活用方法を考えなければ…。こういうときA型の私はマニュアルを欲しがる。というわけで適切な文献を発見。「大人のための自転車入門」である。いい年して自転車に再チャレンジする大人のための、段階的な自転車との付き合い方、効果的な運動方法、必要な装備、運動時の給水、栄養補給の行い方など、詳しく解説してある。

以降、本書は私の愛読書となる。そして、以降の装備購入の指針ともなってしまうのだった



ついでにメンテナンスの方法などを調べるためにもう一冊一緒に買った。



こちらは自転車の状況からどのような原因がありえてどう対策するかという対応がまとめられていて非常に読みやすい。中には初心者が試みるのは無謀そうな内容まで網羅されている。
語り口調が同じだと思ったら、よくよく見ると「大人のための自転車入門」と同じ作者だったりする。

ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

自転車入手 - ラレーRF-L (Raleigh Radford-Limited)

まずは自転車を入手しないと話にならない。
というわけで、近所の自転車ショップを捜索。そもそも、ここしばらく自転車を買ったこともなかったから自転車ショップから探さないといけない。
通販で購入というのも考えたが、後のメンテナンスやフィッティング等の懸念から、近所のショップを探すことにした。

あらかじめ最近の自転車のタイプなんかを、ネットで調べてみた。大雑把に、ママチャリ、ミニベロ、MTB、クロス、ロードなどに分かれそうだ。通勤経路は完全に舗装路で、オフロードを駆け回る趣味はない。できれば、メタボ対策のためにスポーツっぽいモデルにしたいが, 完全にロードというのもちょっと…、というわけで、自動的にクロスバイクに決定。

ショップにクロスバイクを探しに行く。
最初に店員の方に進められたのは台湾の巨人GIANTのクロスバイクだったが、タイヤが細かった~。まぁ、ロードを走る以上細いのは普通なのだが、最近の自転車に免疫がないので、また歩道の段差を越えるのに不安があったので、「もちょっとタイヤが太いのありませんかねぇ」と聞くと、じゃあこっちはいかがですかと進められたのは、Raleigh RF-L (Radford-Limited)だった。カラーは照明によっては黒にも見えるクラブグリーン。タイヤは700x32C(後で調べた)で、ほどほどの太さである。シフターもブレーキと一体型のトリガータイプで使いやすそうだ。というわけで、一目ぼれでこれに決定。

Raleigh RF-L

本体価格 49,800円
フロア型空気入れ、スタンド、保安部品、ワイヤー鍵、保険、登録などなどを加えて、63,395円也。

自転車の買い付けは車で行ったのだが、私のランエボXにはクロスバイクなんぞ搭載できない。というわけで、いったん車を自分の家に置いてきて、歩いて受け取りにいく。まぁ、調整や点検に2時間くらいかかると言われたし…。受け取りに行く途中で、フロア型空気入れだけでも先にもらってくるんだったと後悔したが…。結局、空気入れに紐をかけてもらって背中に背負って、RF-Lで走って帰ることに…

実に自転車に乗るのは、20年ぶりくらいだ。乗れるかどうか心配だったが、少々ふらついたものの、意外といけるものだ。体が覚えてるって本当なんだなぁ~。この時、いきなり雨に降られたのも、今では楽しい思い出だ。





ランキングに参加しています。モチベーションアップのためにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

EnterpriseE

Author:EnterpriseE
最近メタボ体系になってきて困っている中年男性。
唐突に自転車にはまり、勢い余ってブログまで作ってしまった。
クロスバイク Raleigh Radford-Ltd を買って、天気のいい日に通勤中。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
買いそうなもの
QRコード
QR
ぶろぐ内検索
カスタム検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
お気に入りのパーツとか
RSSリンクの表示
ブログランキング
お気に召したらクリックしてください。(^o^)y
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
Amazonサーチ
Thanks, Wikipedia
Wikipedia Affiliate Button
リンク